浮気問題解決・浮気調査の専門探偵事務所・興信所
浮気調査のエキスパート – 浮気調査興信所株式会社|探偵業届出登録番号 第30170190号

浮気問題・浮気調査のエキスパート - 浮気調査興信所株式会社

相談無料 まずはお気軽に
ご相談ください!

浮気調査の専門探偵事務所・興信所
24時間無料
ご相談いただけます
浮気の真実をあばきます。

"大切な人の裏切り"。浮気問題の解決の専門会社、
浮気調査興信所株式会社だからこそ出来ることがあります!

浮気調査探偵事務所:浮気調査のエキスパート。浮気調査興信所株式会社。相談料無料。まずはお気軽にご相談ください。浮気の真実をあばきます。0120-910-830 浮気調査の専門探偵事務所・興信所。24時間無料でご相談いただけます。
浮気の真実をあばきます。

"大切な人の裏切り"。浮気問題の解決の専門会社、
浮気調査興信所株式会社だからこそ出来ることがあります!

» »

浮気調査興信所 浮気調査費用を相手方に請求するための要件

浮気調査費用を相手方に請求するための要件

浮気調査費用は慰謝料に上乗せ可能?

離婚裁判の判例では、慰謝料の一部として「浮気調査にかかった費用」の請求も認められています。請求を成功させるには、以下4つの要件を満たさなければなりません。

 

①探偵調査の必要性
…離婚の原因が明らかに相手の不倫であること・その証拠が自力では得られなかったことの証明をしなければなりません。

 

②調査結果の寄与度
…浮気調査の結果が「有力な証拠」であればあるほど、費用請求が認められやすくなります。

 

③金額の妥当性
…「費用内訳が明確かつ依頼主とって高額な金額である」と認められると、費用の大部分を請求できる可能性が高まります。

 

④調査中に不法行為が行われていない事
…スマホの無断ロック解除や住居不法侵入といった手法での浮気調査は、費用請求の正当性ありと認められません。法律を遵守して調査が行われたことを証明する必要があります。

   

自力で浮気の証拠を集めた場合=請求できない可能性大

「浮気調査会社=費用が高額で信頼できない」というイメージから、自力でGPS装置やレコーダーを用意して浮気の証拠集めを行うかたもいます。

   

自力で行った浮気調査費用を請求できない理由

  1. そもそも委託業務でない(探偵費用は弁護士費用と同じく業務委託費と扱われるため、裁判で請求が認められている)
  2. 法的な証拠能力が認められにくい
  3. かかった金額を正確に算定することが難しい
  4. 調査中に意図せず不法行為に及んだケースが多い

 

裁判所が浮気の証拠に求めるのは「過去の判例にもとづく証拠能力」です。知識がないと、裁判官や調停委員の理解を得られる証拠を集めるのは、極めて困難と言えます。
金額の妥当性を検討してもらおうにも、交通費や機器代金の全額をきちんと書類化するのは難しいことです。家庭ではよくある行動が不法行為や「著しく倫理的でない行為」とされてしまうこともあります。

   

自力で行った場合だけでなく「スキルの低い探偵に依頼した場合」でも、調査費用請求の要件を満たせません。十分な慰謝料・養育費の支払いを得るには、法的知識を備えた探偵社の力が必要となります。

調査費用請求の相場(判例集)

浮気調査費用を相手方に請求する場合の相場

離婚裁判で調査費用の請求を認められているケースからは「※認容額100万円以内/平均認容率60~70%」であることが分かります。

※認容率とは:請求額のうち、判決文で支払い命令が下りた金額の割合。

費用請求が認められた判例

ここでは、浮気調査の費用請求のうち大部分が認められた判例を紹介しています。

 

平成20年12月26日判決(東京地裁)
かかった調査費用:約125万円
判決での認容額:約100万円(80%)

→浮気相手の素性がわからず、やむなく探偵調査を行ったケースです。離婚の原因が不倫であること・不貞行為を証明するのに必要があったことを認められ、請求額の大部分に支払命令が下りました。

 

平成23年12月28日判決(東京地裁)
かかった調査費用:157万円
判決での認容額:100万円(63%)

→不貞行為を証明するために「特定日時に性行為があったこと」を証明する必要があり、金額の妥当性を認められたケースです。

   

費用請求がほとんど認められなかった判例

東京地裁平成25年5月30日判決では、約200万円の調査費用請求のうち10万円しか認められていません。その判決文を要約すると、次の通りです。

 

東京地裁平成25年5月30日判決の要約

  • 不貞行為と離婚との間で相当の因果関係が認められる。
  • 事実証明にあたって、探偵調査の寄与度が低い(証拠能力が低い)
  • 弁護士費用よりも高額(金額の妥当性がない)
  • →費用請求は一部に限り認める。

 

この判例では、司法が「探偵調査の品質・金額が適切であること」を求めていることがはっきりと分かります。

浮気調査興信所株式会社が重視していること

慰謝料請求を有利に進めるための浮気調査方法

十分な慰謝料が認められることは、浮気調査を依頼されるかたの経済的不安を解消することに繋がります。浮気調査興信所株式会社はこの点に留意し、裁判所が求める「探偵調査の必要性の根拠」を証明できるように努めています。

 

浮気調査興信所株式会社の取り組み

  • ターゲットに察知されて「探偵調査の必要性なく浮気に気付いていた」と主張されるリスクの防止
  • 不貞の証拠として法的に認められ得る調査結果を得ること
  • 費用内訳の証明書類(契約書・重要事項説明書)発行の徹底
  • コンプライアンス遵守&スタッフ教育の徹底

 

相手の浮気によって深く傷ついた心を癒すには、専門性の高い調査が欠かせません。 これ以上苦しむことのないよう、まずはお気軽にご相談ください。

   

浮気調査興信所・無料相談

料金は契約後にしか発生しませんので、安心してご相談ください。
浮気調査探偵事務所:浮気調査興信所24時間相談可能
浮気調査
24時間相談可能
浮気調査探偵事務所:興信所へ匿名での浮気調査のご相談OK
匿名での
ご相談OK
浮気調査探偵事務所:興信所の目的別浮気調査プラン
目的別プラン
浮気調査探偵事務所:浮気調査での面談時、ご要望により興信所顧問弁護士同席可能
弁護士
同席可能
浮気調査探偵事務所:興信所へメールで浮気調査のお問い合わせメールでお問い合わせ
相談
無料
女性専用ダイヤル0120-916-233 男性専用ダイヤル0120-972-773
不貞行為が原因で離婚する場合、浮気調査費用を相手方に請求できる可能性があります。法的に請求を認められるには「調査の必要性」「調査そのものの品質」を高めることが何より大切です。離婚を視野に入れているかたへ、判例を交えて探偵費用請求の条件を解説します。

浮気調査興信所株式会社

代表フリーダイヤル:0120-910-830
代表電話:050-3196-8296(海外通話対応)

本社・浮気調査カウンセリングルーム
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2丁目39番3号 FREUDE right side 1F

浮気調査興信所株式会社は、その名の通り浮気調査の専門会社として、不倫問題・浮気問題解決をサポートを行っている探偵事務所・興信所です。大切な人の裏切り、気の迷いを明らかにし浮気問題を解決に導きます。深夜や年末年始も24時間受付中・対応可能です。浮気調査興信所株式会社は、復縁屋株式会社を初めとする恋愛心理学協会の共同会員です。

浮気調査 | 興信所 | 探偵事務所

Copyright© 浮気調査興信所株式会社 All Rights Reserved.